水の実力と瓦斯の特徴などについて勉強した

水の分量などについて授業しました。一般に、物の気温が低くなるほど分量は小さくなるが、液体の水は3.98℃で最も小さくなり、それより気温が低くなると、かえって分量は大きくなります。また、水が凝固して水になると、その分量は急にふえます。次は、来たいの仕事場についてだ。酸素は、色あいは無色だ。においは無臭です。各ガスの水溶液にリトマス用紙をひたしたときは、変化しません。本質は、物をそれほど燃やします(助燃性)。匂いの分量の約1/5を閉めます。1立方センチメートルの水に蕩ける分量は、0.031(溶け難い)だ。密度は1.429(g/リットル)だ。捕集法(集め方)は水上置換法だ。偶発法は、二酸化マンガンに過酸化水素水を注ぎます。酸化銀を分離行なう。そして、水を電気分離(+極)行なう。このようなことを授業しましたが、最も水上置換法は、聞いたことがあったので懐かしかっただ。検証したことを思い出しました。肥後すっぽんもろみ 売ってるところ